リフレクソロジストの告白

中国式リフレクソロジーを中心に東洋医学の話、身体の話、リラックス法などをご紹介したいと思います。

«|2017-09|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鍼灸学校に通っているカオルコは、台湾で施術されている鍼はどんなものか興味があり、体験してきました。(ホントは、鍼刺されるの・・・大嫌いなのですが がーん )

taiwanhari1.jpg

「華雲堂」という無針鍼専門治療院です。

無針鍼 はてな
まぁ、とりあえず中に入ってみましょう。

初めに問診で「どこが悪いのか」聞かれます。
そして上半身は裸でベッドにうつ伏せに寝ます。
まずはカッピングで身体の悪い所、滞っている所を探します。

taiwanhari2.jpg

日本で行うカッピングは、真空にしたカップを身体に吸着させるだけですよね ・!?
でもコチラでは、吸着させた後、背中中動かすのです びっくり

taiwanhari3.jpg

これが・・・痛い 汗
写真でもわかるように、全体が赤くなります。でもこれは大丈夫!
悪いところは、黒っぽい紫色になり、ボッコリ腫れ上がるのです。

カッピングが終わった後は、いよいよ無針鍼 ドキドキ




無針鍼というのは、電極のついた太目の金属針をツボにあてて、パルス電流を流す療法です。

taiwanhari4.jpg

皮膚に刺入しないから、あまり痛くないかと思いきや・・・めちゃくちゃ痛い TT
鍼を結構深く押し当てる + 電流のビリビリで、注射の3倍くらい痛かったです・・・
ツボで言うと、天枢から始まり、足の太衝まで、30箇所くらい鍼をうっていきます。

次に登場したのが、「刮沙」(グアシャー)と呼ばれる、患部を水牛の角でこすりつける療法でした。

taiwanhari7.jpg
暗くて見づらくてスミマセン...

これで筋肉の固まっているところをほぐしていくのですが、これが・・・・・・
悶絶するほど痛かった 号泣
上腕二頭筋を水牛の角で容赦なくゴリゴリされた後は、青紫に・・・
後日学校に行って同級生に見せたら、「ヘモジデリンが沈着して、今リンパ球が働いてるネ」とすっかり病理学の題材にされてしまいました。

先生が「ハイ!では座ってください」と施療がやっと終わったかとホッとしたのもつかの間・・・
肩甲骨の内縁に沿って、鍼を押し当て、「手のひらをパーにして、大きく腕をグルグル回してください」と・・・
とどめを刺されたかのような一言で、もうグッタリ(大泣き)

こんなに初めから終わりまで痛い施療は初体験でした。

でも終わった後は、腰は全然痛くないし、肩も楽になっていました。

もう一回受けたいか?と聞かれると、たぶんNOと言うと思います・・・

以上、体当たりレポートでした ぴーす


中国足健会 東京校のHPもご覧くださいネ足
スポンサーサイト


Comments

Post a Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://ashikenkaitokyo.blog73.fc2.com/tb.php/57-6ac4319c

 | HOME | 

プロフィール

リフット

Author:リフット
中国式リフレクソロジーのスクールを開講している鍼灸師です。
美容鍼をメインとした鍼灸治療も行なっています!
並行して中国北京で脊椎反射療法の弟子入り中♪
毎日勉強することが山積みで大変だけど、どれも頑張りたい今日この頃です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。