FC2ブログ

リフレクソロジストの告白

中国式リフレクソロジーを中心に東洋医学の話、身体の話、リラックス法などをご紹介したいと思います。

«|2018-08|12345678910111213141516171819202122232425262728293031|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近ちょっと天気が「どんより」気味?

今日から二十四節気では「芒種」(ぼうしゅ)という季節になります。
芒種とはトウモロコシやキビのように芒(とげのようなもの)のある穀物の種まきをする頃(今は5月初旬くらいに種まきをするようです)で、夏に向かって生き物が成長する時期なんですって芽

芒種の後10日を「長夏」といいます。
この長夏は「湿」をつかさどっていて、ムシムシと暑い季節になります。

中医学では、この「湿」に「邪」をつけて「湿邪」と呼び、人体に悪影響を与える原因の1つとしています。

では「湿邪」は身体にどんな悪さをするのでしょう

「だるい」「体が重い」「動きたくない」が代表的な症状です。

長夏は、「脾」と関係が深いのです。
「脾」は中医学では、消化器系をつかさどるボスみたいな存在と考えられています。
多湿になると、何となく「どんより」するので、胃腸の働きが悪くなったりするのですね。

芒種の養生法は...



「体内に湿をためないこと」になりますね。

じーっとしていたのでは、気分も塞ぎ、湿邪も外にでてくれません。

「手足を動かしましょうビックリ

「手足は脾の倉庫」と言われています。
また「手足を動かすと糟粕化す」という言葉もあり、手足を動かすことで大小便の出が良くなり、体内の余分な水分を押し出してくれますjumee☆surprise11

手足を動かすなら、「中国式足部反射療法」ですね~

中国式足部反射療法を受けた後は、皆さんトイレに行く回数がぐっと増えて、それも1回に出る量がチョロチョロではなく、満足感のある出具合エエェッ!?!?ですヨ!

是非お試しください。

体内の余分な湿を、汗・尿・便で出して、この季節スッキリ過ごしましょうね!


中国足健会 東京校のHPもご覧くださいネ足

スポンサーサイト


Comments

Post a Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://ashikenkaitokyo.blog73.fc2.com/tb.php/29-47fee346

 | HOME | 

プロフィール

リフット

Author:リフット
中国式リフレクソロジーのスクールを開講している鍼灸師です。
美容鍼をメインとした鍼灸治療も行なっています!
並行して中国北京で脊椎反射療法の弟子入り中♪
毎日勉強することが山積みで大変だけど、どれも頑張りたい今日この頃です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。