リフレクソロジストの告白

中国式リフレクソロジーを中心に東洋医学の話、身体の話、リラックス法などをご紹介したいと思います。

«|2017-09|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中医学では舌の色や形態、舌苔の色などから身体の状態を診たけれど、そもそもその舌苔そのままにしておいていいの
中医学の先生は「舌苔をとるなんてもってのほか!」と言うけれど・・・
舌苔って夜眠っている間に溜まる老廃物+細菌だと言われているのに、不潔じゃ~~ん

アーユルヴェーダの古典「チャラカ・サンヒター」(中医学の黄帝内経のようなもの)には「舌にたまった汚れは、呼吸を邪魔し、異臭を生じるため、舌をみがかねばならない」と書いてあります。
アーユルヴェーダでは、舌苔を除去し、口内を清潔に保つことが健康にとって大切だと言っているのです。賛成

中医学でもアーユルヴェーダでも、身体の中にある「スムーズに流れないもの」が悪の根源だと言ってますよね。
アーユルヴェーダでは「アーマ」(未消化物)と呼んでいます。
舌苔も「アーマ」の蓄積の症状です。スムーズに流れないから、口の中が粘ったりするのです。

じゃあ、どうする?



取っちゃえー
タングスクレーパーという器具で擦り取ってしまいます!
            タングスクレーパー           クレーピング中

舌苔の量は、アーマの量を反映しています。
アーユルヴェーダは舌苔を取った後も、まだまだ観察が続きますよ~♪

舌のお掃除をして、舌苔がとれる=アーマがなくなった  と考えられます。
But...それでも舌にこびりついてとれない舌苔がいるのですよ
どういう場合かというと、昨夜食べすぎor飲みすぎなどが原因でアーマが「まだ身体から離れたくないよ~」といっている時。
その日は一日食べる量を減らすとか、食生活を調整するほうがよさそうです。
自分で舌を観察するだけで、その日食事をどのくらい摂っていいかまで判断できるのです。
これってすご~いと思いません

カオルコもタングスクレーピングだけは、毎日かかせません(中医学の先生ゴメンナサイ・・・)。
このような器具がなければ、スプーンでですよ!
でも歯ブラシではやらないでネ!逆に毒素を押し込んでしまうと言われています。

皆様も是非試してみてください。口の中が爽快・リフレッシュすること間違いなし!


中国足健会 東京校のHPもご覧下さいネ足
スポンサーサイト


Comments

Post a Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://ashikenkaitokyo.blog73.fc2.com/tb.php/2-4b591666

 | HOME | 

プロフィール

リフット

Author:リフット
中国式リフレクソロジーのスクールを開講している鍼灸師です。
美容鍼をメインとした鍼灸治療も行なっています!
並行して中国北京で脊椎反射療法の弟子入り中♪
毎日勉強することが山積みで大変だけど、どれも頑張りたい今日この頃です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。