リフレクソロジストの告白

中国式リフレクソロジーを中心に東洋医学の話、身体の話、リラックス法などをご紹介したいと思います。

«|2017-09|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、MBTのサンダルを購入したことを書きました。

MBTはその「歩き方」に特長があるのです。

カオルコも2足目を購入するにあたって、再度ウォーキング指導をしていただきました。

すると、正しい歩き方をしていなかったことが判明・・・

1.かかとで着地してはいけない!

2.足の母趾で地面を蹴ってはいけない!

3.大股で歩いてはいけない!

4.早足で歩かず、ゆっくりと歩くこと!

今までのウォーキング理論とは全くの別物です 

「構造医学」を実践なさっている先生方は、ビックリかも・・・

mbt3.jpg

マサイセンサー”と呼ばれる箇所を真上から押しつぶすように地面をとらえ、できるだけこの部分に体重が乗っている時間を長くするそうです。

そして足底の外側に荷重しながら、小趾の付け根をとおり、自然とつま先へとローリングしていきます。

こんなに足の外側に意識を集中して歩いたことは、MBTを履くまでありませんでした。

足の内側(母趾の方)に体重がかからないということは、膝の内側にストレスがかかることもなければ、足首が必要以上に外反することもないのです。

だから、膝の内側の痛みもでなくなったのか 

妙に納得してしまいました 


若い方は大股で闊歩されるのもステキですが、ある程度年齢を重ねた私には、あちらこちらにガタがきて無理はできません。

股関節や膝に負担がかからず、行きたい所に行ける!

歩くだけで筋肉が鍛えられ、トレーニングになるMBTは、カオルコの生活の中で欠かせない存在になりました。

カオルコは仕事柄、生徒さんに足を触ってもらう機会が多くあります。

そんな時、足裏がカチカチだったり、かかとがガサガサだったり、タコや魚の目があったりすると、見本になりません。

MBTのお陰か、特にケアもせず良い状態をキープできています 

ホント、靴って大切ですね・・・

改めて実感する今日この頃です。


スポンサーサイト


Comments

Post a Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://ashikenkaitokyo.blog73.fc2.com/tb.php/104-d9ec4b0a

 | HOME | 

プロフィール

リフット

Author:リフット
中国式リフレクソロジーのスクールを開講している鍼灸師です。
美容鍼をメインとした鍼灸治療も行なっています!
並行して中国北京で脊椎反射療法の弟子入り中♪
毎日勉強することが山積みで大変だけど、どれも頑張りたい今日この頃です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。