リフレクソロジストの告白

中国式リフレクソロジーを中心に東洋医学の話、身体の話、リラックス法などをご紹介したいと思います。

«|2010-11|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月も中旬、そろそろ寒くなってきましたね 

冷え対策を何か考えなくては・・・

カラダの芯から温まる、といえばやっぱり“ショウガ”ですよね 

ginger1.jpg

季節も終わりの新生姜を大量お取り寄せしてみました。

今大人気のショウガですが、カラダをポカポカにする以外何かあるのかしら 


今日はアーユルヴェーダからみたショウガの効果をご紹介します。

ショウガは「消化力(アグニ)を高める」最も良い食材なのです。

消化する力が弱いと、体内で未消化物(アーマ)がたまります。

この未消化物(アーマ)こそが病気をもたらす元凶だと考えられています。

この消化力(アグニ)は、胃腸にある消化液だけを指すのではなく、すべての細胞にあります。

消化力 = 代謝力 といえますね。

やはり代謝が良くなって、カラダが温まるのと関係していたのですね。


ではどのように食べれば消化力(アグニ)がUPするのか 

食事の20分前に、薄くスライスしたショウガに岩塩を少々ふって、そのまま食べるのです。

そうすると消化力を促進させ、食したものすべてがオージャス(活力素)となります。

消化不良の方、便秘がちな方は是非お試しを 


ところで今回の大量のショウガは...

ginger2.jpg

自家製ガリ  と

ginger3.jpg

ショウガの佃煮になりました。

この秋冬、これで乗り切るゾー 

スポンサーサイト


中国足健会東京校のプロコースでは、卒業前の生徒さんに50名以上の施術を実施していただいています。

ご家族やお友達の足を借りて、足部反射療法の施術を行います。

でもなかなか“身内”で50名集めるのは難しい・・・

そこで本日から臨床実習を開始しました。

kenshu1.jpg

初対面のお客様を施術するのですから緊張の連続です 

それに30分という時間が決められていて、自分のペースでのんびり施術するわけにいきません。

お話好きのお客様だと、施術中ずっとおしゃべりが続いて・・・

結局何をやったのかわからない状態になってしまうこともあります。

kenshu3.jpg

どのような状況でも手が勝手に動くようになるには、やはり回数をこなさなくては 

問診やカウンセリング

施術中にカラダや足が冷えない工夫

主訴に応じた重点反射区のチョイス

お客様に合ったアドバイスの仕方

などなど、勉強することが山のようにあります。

kenshu2.jpg

タオルワークや、次のお客様を迎える準備などもそうですね。

先輩の米山先生が1つ1つ丁寧に教えてくださいます。


今日から始まった臨床実習...

この経験を通して、一人前の足部反射療法師になっていただきたいと思います 

ガンバレ、生徒さん 



ご無沙汰しました   この言葉で始まることが多い今日この頃・・・ 

「秋の読書週間」真っ只中ですが、皆さんは印象に残る本を読みましたか 

今日の“おすすめ本”は、「東洋医学って怪し~~~ 」って思っている方に、

是非読んでいただきたい本です。

kanpo-shousetu.jpg

この本の登場人物は全員、東洋医学って

「こじつけ」

「信じるものは救われる」

「胡散臭い」と思っている人ばかり 

病院をたらい回しされて、結局心療内科を勧められる30代女性主人公。

そんな中で漢方医の診療を受け、次第に興味を持っていきます。

「私の病名は何ですか?」

「色々なところが悪いというあなただけの病気です。」と答える漢方医。

ますます怪しい 

でもこれが2000年以上続いている「こじつけ」なんですよね。

「陰陽五行説」「七情」「四診」など基本的なことは、きちんと説明されています。

漢方に魅せられ、次は健康維持のため鍼灸でもやろうかな!と言うと、

“ババア臭い”とからかわれる主人公。

本場中国に行って、体験したい 


さてさてこの続きは、中国足健会の「北京で元気☆健康になろう」におまかせください。

2011年3月19日(土)20日(日)と中国北京にて、

カラダをまるごと健康にする企画第二弾を開催します(第一弾はコチラから)。

「望診・聞診・問診・切診」から始まり、「舌診」「腹診」で体調を把握して、

脊椎反射療法」「足部反射療法」「鍼灸」とフルコースで体験し、

この本でいう「あなただけの病気」に合った漢方薬を処方してもらい、

医食同源「薬膳料理」でカラダの中からもバッチリ健康になれる2日間 

「2000年続くこじつけ」をあなたも体験してみませんか 


中国足健会 東京校のHPもご覧くださいネ




 | HOME | 

プロフィール

リフット

Author:リフット
中国式リフレクソロジーのスクールを開講している鍼灸師です。
美容鍼をメインとした鍼灸治療も行なっています!
並行して中国北京で脊椎反射療法の弟子入り中♪
毎日勉強することが山積みで大変だけど、どれも頑張りたい今日この頃です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。