FC2ブログ

リフレクソロジストの告白

中国式リフレクソロジーを中心に東洋医学の話、身体の話、リラックス法などをご紹介したいと思います。

«|2018-11|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日寒いですね。2月中旬ですから、今が一番寒い時期   

暦では春ですけどね・・・ 

寒い季節には“鍋”ですね。

今日は北京で食べた、身体が温まる鍋をご紹介します。

カオルコは美味しいもの好き(安くてネッ!)

中国に行っては「あれ食べたい、これ食べたい」と中国足健会の岩崎さんを困らせています。

カオルコの今回のリクエストは、「生の羊肉のしゃぶしゃぶが食べたい」という難題でした。

というのも以前食べた東●順というお店の羊肉は、冷凍できれ~いに紙のように薄くスライスして出されたのですが、食べるのに忙しいのか、アクを取るのに忙しいのかわからない状態で、ちょっと  って感じでした。

リベンジを兼ねて連れて行ってもらったのが、

hituji1.jpg

1893年にオープンして現在四代目の「金生隆」というお店でした。

お店の外でおじさんが、しゃぶしゃぶの鍋を炭で熱しています。

店の中は中国人で大賑わい!やっぱり美味しいお店には人が集まりますね。

おじさんが鍋を持ってきてくれました。

hituji2.jpg

おおーっ!!!ボコボコに鍋が煮立っています。

このお店では羊の8部位の肉が食べられるのがウリのようです。

・腱子(スネ肉)
・上脳(肩肉)
・筋肉(バラ肉)
・里肌(ヒレ肉)
・磨當(モモの内側) ・・・あとは不明です 

肉には食べる順番があり、脂肪の多い肉から赤身の肉に移っていくと、肉からほどよく脂が溶けて湯に旨みが加わるとのことでした。

いよいよ肉の登場 

More »

スポンサーサイト


11月の北京研修旅行では、いろいろな地方のお料理をいただきました。

中国で食べる料理は、本当に美味しいんです アップロードファイル

特に野菜は、野菜本来の味が濃くて、色も鮮やかなので、元気になれそうな気がします。

北京初日は、「四川料理」をいただきました。

shisen1.jpg

「四川料理」と聞くと、「麻婆豆腐」しか思い出せない私ですが、いろいろなお料理がありました。

これは「口水鶏」という名前で、一番有名な四川料理だそうです。

「口水」とは“よだれ”のことで、「よだれが出るほど美味しい料理」という意味だそうです。

お隣に写っているのは、もちろん“冷えてない”ビール 

一口食べると、ビールを飲まずにはいられない辛さですが、食べ慣れると、その中に旨みがあって、素晴らしく美味しい料理でした。

何故四川省の方は、こんなに辛い料理を食べるのでしょうか 



More »



 | HOME | 

プロフィール

リフット

Author:リフット
中国式リフレクソロジーのスクールを開講している鍼灸師です。
美容鍼をメインとした鍼灸治療も行なっています!
並行して中国北京で脊椎反射療法の弟子入り中♪
毎日勉強することが山積みで大変だけど、どれも頑張りたい今日この頃です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。