リフレクソロジストの告白

中国式リフレクソロジーを中心に東洋医学の話、身体の話、リラックス法などをご紹介したいと思います。

«|2018-07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あっという間に10月も終わり。

カオルコの10月はトラブル続き 

まずは、ドアに指を挟まれてしまった 

洋服のポケットがドアノブにひっかかって、思いっきりドアが閉まってしまいました。

右手の人差し指と中指がドアの隙間に・・・

「パキパキッ」といい音がしましたよ。

「やっちゃったぁ」 

痛さで足裏から汗が出たのは初めてでした 

明後日に美容鍼の施術を10名控えていたので、「どうしよう~~~」 

骨折の症状は... 
  ① 疼痛    ← あるある
  ② 腫脹    ← あるある
  ③ 変形    ← とりあえずまっすぐだけど
  ④ 異常可動性 ← 痛くてうごかせな~い
  ⑤ 機能障害  ← 使いものになりません
  
やっぱり骨折かなぁ 

明日まで様子をみて、良くならなかったら病院に行こう。

とりあえず応急処置に使ったのが 

unnnan1.jpg

「雲南白葯」の絆創膏

「雲南白葯」の効能は、出血を抑え、傷を治りやすくするのです。

unnnan2.jpg

傷口に貼る部分が茶色く、少し匂いがあります。

驚いたことに、翌日には腫脹がほとんどなくなっていました 

ちょっとこれはスゴイかも・・・

結局病院には行かなかったのですが、良かったのかなぁ 


続いての災難は...


More »

スポンサーサイト


生まれた時からの悩み・・・それは目の下の“くま”

最近は、“くま”と“シミ”と“肝斑”が混じり合い、とんでもないことになっております ガーン

中国でもアイマスクを探してみたところ、やはりありました“生薬”入りのものが♪

     facial mask2

人参、当帰、珍珠、檀香、茯苓、何首烏、クコ、牡蠣殻、菊花、桑叶、夏枯草、蒲公英、川芎、丹参、杏仁、銀耳、白及根、蚕、甘草など多くの天然中薬の植物エキスが入っているとのこと。

マスク自体もガーゼを切って作ったみたいで、なんともレトロな感じ・・・

どんな人が“くま”になるのかということが、商品の箱に書いてあるのですが...
1.長期間、眼を使いすぎている人
2.強い太陽の光を照射された人
3.テレビ
4.パソコンの輻射
5.環境汚染
6.睡眠不足
7.不規則な生活態度
8.精神圧力の大きい人
9.飲食が不当又はタバコや酒の過ぎる人
10.年齢の増大した人
以上の人は、黒いくまが出現し、眼袋ができ、眼精疲労になるよ!とありました。

生薬の力で何とかしてもらいたいものです。

他にも中国のフェイシャルマスクはバラエティにとんでいました。


More »



鍼灸学校の病理学のテストが終わり、ホッと一息です。

11月に行った北京では、いろいろなGoodsを購入したのですが、今日はその中からフェイシャルマスクをご紹介したいと思います。

facial mask1

これは「燕の巣」でできたマスクです。
中国語でかくと「養顔浄白面膜」となり、「顔を養い、美白になる顔の膜」 jumee☆whyR となるようです。

これは北京に着いた翌日に、ホテルの部屋でのあまりの乾燥に「顔がパキパキになりそう~~~」と恐怖を抱き、薬局に走っていって買ったものです。

早速その夜使ってみました。
中のジェルがすごい量で、顔に貼ろうとするとボタボタ落ちるほど・・・もったいないです。
翌日はツルツルでしっとり 手書き風シリーズきらきら

あまりの良さに、一緒に行った方々にも使っていただくと、皆さん「すごくいい~♪」と大好評 heart02

その後、皆で買い占めたことは言うまでもありません。

日本に帰ってきてからも時々使っていますが、一回の使用で、効果が1週間くらい続くんですよね。
モチモチ感がでてきて、乾燥とはサヨウナラできますよ sea-GL

これは中国や香港にある「Watsons」というドラッグストアで購入しました。
中国へ旅行される方はお土産にいかがですか?


中国足健会 東京校のHPもご覧くださいネ足



今日も漢方薬のお話です。

中国北京で処方していただいた漢方薬は、「帰芍地黄丸」と「加味逍遥丸」の2種類でした。

kamishouyougan1.jpg

どちらも「北京同仁堂」という老舗(1669年創業)の製薬会社のものです。

11月に行った北京研修旅行でも、中国足健会と同仁堂がコラボレーションして作ったアミューズメント施設に行って中国医学の歴史を勉強しました。


この加味逍遥丸は日本でもおなじみ、大抵日本では加味逍遥散として売られていますね。

更年期障害の特効薬といわれています。

成分は、柴胡、当帰、白芍、白朮、茯苓、甘草、牡丹皮、梔子、薄荷、生姜  

柴胡と薄荷・・・自律神経の緊張を緩和する

牡丹皮と梔子・・・神経の興奮とのぼせをさます

白芍と当帰・・・補血・栄養と月経の調節

白朮と茯苓と甘草・・・消化吸収や利尿を高める  という効果があります。

生徒さんの一人は、お母様が飲まれる1年分50箱(1箱10包入り)を買っていました。

やっぱり本場中国で買うとお安いですからね~ 

ここで日本の薬と違う点が...



More »



北京から帰ってきて、約10日が経ちました。

北京で私の体調に合わせた漢方薬を処方していただき、飲み始めて10日になります。

その漢方薬は「帰芍地黄丸」という名前です。

jiougan1.jpg


この漢方薬の成分は、当帰、白芍、熟地黄、山茱茰、牡丹皮、山葯、茯苓などなど。

まるで養●酒みたい お酒

これは、いわゆる“更年期障害”のお年頃の人にいい漢方薬で、肝と腎を滋養するものです。

ズバリ『老化防止』絵文字名を入力してください

腎は、「生まれ持った元気」を蓄えておく場所だから、年を重ねるほど弱っていくのは当然です。耳も遠くなるし、白髪は増える、足腰がだるいなどすべて腎が弱くなっている症状です。
外(漢方薬など)からカバーしなくちゃいけないですね。

肝は、イライラしたり、眼と関係が深いので、情緒安定や疲れ目(老眼 がーん)にもGoodです。

通常、漢方薬を飲むのは、煎じて飲むか、顆粒を水で溶かして飲むか、粒をそのまま飲むか・・・などが考えられますが、この漢方薬の大きさが... アップロードファイル

直径2cm以上あるような大玉なのです。

jiougan2.jpg

More »



 | HOME | 

プロフィール

リフット

Author:リフット
中国式リフレクソロジーのスクールを開講している鍼灸師です。
美容鍼をメインとした鍼灸治療も行なっています!
並行して中国北京で脊椎反射療法の弟子入り中♪
毎日勉強することが山積みで大変だけど、どれも頑張りたい今日この頃です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。